2015年DS版十大ニュース

近年はブログの更新頻度が落ちている私ですが、大晦日に因んで「私が選ぶ2015年10大ニュース」というテーマでこれから書きます。今年に関しては、実は印象的な出来事が起こる度にメモしていました。そのメモを今日見てみたらちょうど10項目になっていたので、そのまま公開します。言うまでもありませんが、ニュースは全て公的なものに限定しております。

【参考】昨年の私的十大ニュース

では、10位からカウントダウン形式でまいります。今年は個人的に憤りを覚える暴力事件が目立ちました。


10位 プロレス団体「スターダム」の世IV虎によるプロレス逸脱事件(2月)
プロレスの試合で事前の申し合わせなく対戦相手にダメージを負わせてしまった事件と言えば、過去には力道山vs.木村政彦やアントニオ猪木vs.グレートアントニオの例があると言われていますが、それらの件と比べると、登場人物がプロレス的には小物な割に(?)対戦相手の怪我の具合が酷かったことに憤りを覚えたものです。

9位 ファーストキッチンのベーコンエッグバーガー(以下BEBと略します)値上げ
時期は不詳ですが、多分今年の初め頃に上がったような気がします。値上げのせいだけではありませんが、私のFK利用回数は昨年より減っています。昨年BEBを食べた個数は52個ですが、今年は通常BEBとチーズBEBを合わせても44個に留まりました。

8位 パリ同時多発テロ事件(11月13日)
ここではコメント無しとします。

7位 ジャックス高還元クレジットカードが軒並み還元率引き下げ。
詳しくは前エントリに書きました。日本はまだまだ現金主義者が多いと言われますが、このような“改悪”が相次ぐということは、少しずつクレカファンが増えているのかも知れません。私のような。

6位 西伊豆町違法電気柵事件(7月)
一般に、法令の中にはごくまれに理不尽 or 非合理的なものが含まれるものの、多くの場合は守る意味があるし、守るべきだと思っています。取り締まりがないから、という勝手な理由で法を破るという姿勢には全く共感できません。その後、設置者が自殺したことも含めて後味が悪い事件です。

TOP5は追記で。
 

続きを読む

2014年DS版十大ニュース

今年を振り返って重大ニュース的な話題で記事を書くのは年末ブロガーの風物詩……と言いたいところですが、近年はブログ文化がやや下火で、私自身殆ど更新していないのが悩ましいところ。ともかく、「私が選ぶ2014年10大ニュース」というテーマでこれから書きます。なお、選ぶニュースは全て公的なものに限定します。ですから、今年の9月7日に○○○を数年ぶりに漏らした件などはランクインしません。

【参考】昨年の私的十大ニュース

では、10位からカウントダウン形式でまいります。


10位 関東甲信越・東北の大雪(2月)
私が首都圏南部沿岸部に住み始めて30年の間では前例の無い積雪でした。除雪道具とスノーシューズを用意していないのが痛かった。購入しようかな。でも下手すると今後全く使わない可能性もありますし……

9位 消費税が5%から8%に増税(4/1)
「増税だぞ、うぜー!」でGoogle検索すると今のところ1件しかHitしないのが意外。

8位 御嶽山大噴火
標高3000m超火山の大噴火は私の生涯では初。

7位 ベネッセコーポレーションの個人情報漏洩
事前にどんなに対策をして公的認証を取得したとしても、"知識と悪意を持つ者"が存在すればこの種の事故は起き得ることを再認識。なお、私にも届いた漏洩のお詫び500円分はnanacoにしました。

6位 エボラ出血熱の感染拡大
空気感染をせず接触感染をする感染症の中では感染力・致死率ともに最強クラス。もちろん未だに終息してはいません。

5位 第47回衆議院選挙
まあ、この辺で。

4位 STAP細胞騒動
1月にSTAP細胞の論文が発表されたとき、私は若干の無難(当時としては)な内容の公式RTをするに留め、自分の言葉で意見を書くのを差し控えました。何故でしょう? 論文の内容が完全に理解外であったことも1つの要因ですが、もしかしたら発表の仕方等に無意識に反感を抱いていたというか、胡散臭さを感じていたような気もします。何にせよ、小保方晴子氏は今年の3大記者会見の人の中では個人的には最も心に残るキャラでした(残りの2人は佐村河内氏と野々村元兵庫県議)。

3位 スシローがラーメンを発売(4月)。
回転寿司を1人で利用するときは殆どサーモン系寿司を食べるので寿司以外のメニューは注文しないのですが、ファミレス的に利用する際にこの種のメニューは重宝します。以前からスシローにはうどんが存在しましたが、今年ついにラーメンも登場。旨いか否かは個人の好き嫌いに依存するので評価しませんが、単なるやっつけで作った感じではなく、なかなか凝った味付けだと思います。

2位 「イスラム国」樹立宣言(6月)
テロや暴力の残虐性、財力、一部の人々からのカルト的人気等、いずれも様々な過激派の中で抜きんでている印象。実に厄介な組織だと思います。

続きを読む

2013年DS版十大ニュース

最近はほぼTwitterの更新に専念しているような状態ですが、年末の重大(or 十大)ニュース系エントリはやはりブロガーにとっての風物詩なので、一つ書いておきます。

まずは大手メディアのソレ系の記事に1つリンクしておきましょう。

2013年日本の10大ニュース(読売新聞)

順位だけ引用します。
1位:2020年夏季五輪・パラリンピックの開催地が東京に決定
2位:富士山が世界文化遺産に決定
3位:参院選で自民、公明両党が過半数獲得、ねじれ解消
4位:楽天が初の日本一
5位:長嶋茂雄氏と松井秀喜氏に国民栄誉賞
6位:伊豆大島で土石流災害、死者35人
7位:消費税率8%への引き上げ決定
8位:楽天の田中投手が連勝の新記録
9位:安倍首相、TPP交渉参加を表明
10位:ホテルなどで食材偽装の発覚相次ぐ

私の感覚では10位は過大評価なのですが、それはさておき、次に私の2013年十大ニュースの発表に移ります。もちろん公的な出来事に限定するので、たとえば10/24に原因不明の激しい腹痛に見舞われたことなどはランクインしません。では、10位からのカウントダウン形式でまいります。
 

続きを読む

東京五輪に反対または無関心であることについて

Twitterに書こうと思ったのですが、字数制限のためうまく書けなさそうなのでこちらに書きます。したがって長い文章にはならない予定です。

日本時間の昨日の早朝に、2020年のオリンピック開催都市が東京に決まりました。

私自身はオリンピックそのものには興味がありません。主な理由は祭り的なものが苦手かつ無関心だからです。つまり、私にとってのオリンピックは、色々な競技が行われる国際的スポーツ大会、という意味合いしかありません。これは日本に限らず、どこの国で開催されても同じです。ですから、興味がある競技の試合だけに注目する楽しみ方に終始しています。

ですから、東京での五輪開催に対する賛否は「興味がないからどちらでもない」です。ただし、開催後に日本に有意な経済効果がもたらされたと判断されたならば、結果論として五輪開催を賛嘆する準備はできています。

ところで、ツイッターで「祭りを楽しまない、クラスや近所の嫌われ者」という理由で反東京五輪(恐らくは反原発絡み)の人々を軽蔑する趣旨の発言を見ましたが、この理由は到底支持できません。何故なら、日本には「祭りを楽しまない自由」があるべきだと考えるからです。私自身、放射能への恐怖を過剰に煽るタイプの反原発な人々には賛同できないことが多いので、件の発言者の気持ちは分からないではありませんが、祭典嫌いの人全体をdisるのはおかしい。このケースでは、主に原発問題と五輪を絡めることの是非という観点から批判すべきでしょう。

一方、五輪が開催されると電車や街が混雑するから開催反対、という意見をネットで見かけました。もちろんこういう意見もあっても良いでしょう。

日本が五輪開催に自由に反対できる国であることに、私は誇りを持っています。また、今回の招致に関して、日本は一次選考の時点で開催賛成が5割を切っていました。にもかかわらず最終的に開催が決まったことは、日本にとってある意味でとても良いことだも思っています(五輪を開催できる力を認められたという意味で)。

冷蔵庫に入る等の不適切行為問題への私見

今年の7月頃から、スーパーやコンビニ等のアルバイト従業員が冷蔵庫やアイスケースに入るような“不適切行為”を撮影した写真をTwitterやSNS等にアップしたものが拡散する騒ぎが頻発しています。最近では「王将」の件が大きく報じられました。

「王将」で客が不適切行為の写真、ネットに 閉店も検討、損害賠償請求へ 従業員の冷蔵庫写真に謝罪も(ITmedia)

従業員以外でも、飲食店の客が醤油入れを鼻に突っ込むなどの事件も多数報じられています。先程のリンク先の「関連記事」の数の多さには驚くばかりです。

インターネット登場以前から、このような“不適切行為”を行う輩(おそらく若年層が主)は一定数存在したはずです。既に多くの方が指摘されている通り、ネットの普及によって存在が“可視化”され易くなった面は確かにありそうです。この夏に特に頻度が増えた原因はよくわかりませんが。

本件はネットリテラシーに深く関わる問題だけに、有名ブロガーを初めとする様々な論者による興味深い分析が発表されているので、今更私ごときが屋上屋を架す必要は無いのですが、自分の考えを整理する意味で、この種の事件をどのように捉えているか、これから少し書きます。やや箇条書き風です。

1.法令または契約に反する行為に相応の罰が与えられるのはもちろん順当。器物損壊などの法に触れる行為があったならば、法に基づいて処罰されるべきです。場合によっては損害賠償を求められることもあるでしょう。また、従業員の場合、アイスケースに入る等の業務外行動を外部に晒す行為は就業規則的なものに抵触する可能性が高く、解雇等のそれなりの処分もやむを得ません。しかし……

2.冷蔵庫やアイスケースに入る「だけ」、あるいは廃棄食品を顔に付ける「だけ」ならば、不適切行為ではないと感じられます。商品毀損や健康被害に至る可能性が無いからです。仮に冷蔵庫に入ったことで庫内の雑菌が増えたと仮定しても、パッケージ内の食品に影響が及ぶとは考えにくい。ところがネットには、この程度の事件でも「こんな店には二度と行かない」的な書き込みが散見されます。日本人の食品に対する過剰な潔癖さが問題を大きくしている一面は確かにありそうです。※ただし、商品が変形または毀損してしまった場合は、私の感覚でもNGです。

3.一方、衛生的に問題ないことを認めながらも「悪いものは悪いから」的な論法で不相応と思える厳罰を許容する発言も見かけます。この種の意見は、私には不寛容過ぎると感じられます(この点、下記の【補足】に挙げたサイトEが参考になります)。不特定多数に害を及ぼす行為ではなく、自分が直接の迷惑を蒙ったわけでもないのに。

なお、今年7月以降の一連の“不適切行為写真UP事件”の中で、私が行為自体に確実に憤りを覚えたのは、走行中の横浜市営バスにしがみついたケースだけです。これは明らかな道交法違反であるのみならず、路上に落下してしまい他の車両が轢く等の重大な事態に及ぶ可能性が小さくないと思われるからです。次点は客が醤油入れを鼻に突っ込んだケース。確率はさほど高くないでしょうが、病原性の菌が付いてしまった場合に他者の健康被害が起こり得ます。

4.今夏に類似の事件が頻発した一因として、マスメディアが大きく報道したことも挙げられるのではないでしょうか。少なくとも他者に実害が及ぶ可能性が明らかに皆無なケース(廃棄食材での悪戯など)に関しては、全国的に報道する必要はないと思っています。

5.アルバイト従業員絡みの事件で、店舗を閉じる企業が幾つか現れました。このくらい断固とした措置を取る方が世間ウケが良いという企業判断かも知れませんが、この程度の事件「だけ」を理由に店を閉じる姿勢は全く支持できません(元々経営不振だったのを、事件を口実に撤退するというならまだ分からないではありませんが)。何故支持できないかというと、事件に無関係な利用者や従業員も巻き添えになるからです。特に、この夏の一連の事件の発端となったローソンの姿勢は大いに疑問です。

コンビニ店員がアイスの冷蔵ケース内で寝転ぶ写真、Facebookに ローソンが謝罪、FC契約解除(2013年7月15日のITmedia)

現時点で、ローソンの当該店舗(高知鴨部店)は不定期休業中です。コンビニは、今や地域に欠かせないインフラの一つだと思うので、安易に閉店したり休業したりするのはいかがなものか。ローソン高知鴨部店から最も近い他コンビニまでの道のりは427m、ATMなども揃ったスペックが高いコンビニまでの道のりとなると633mです(参考:NAVITIME)。633mは大したことないと思われるかも知れませんが、高齢者などにとっては結構遠いのではないでしょうか。片づけ作業に必要な短期間営業停止程度の対応に留めて欲しかったと思っています。本件を機に、ローソンに対する私の企業イメージは大きく下がりました。今は可能な限りローソン以外のコンビニで買い物するようにしています。

【補足】最後に、当エントリを書くにあたり、直接間接に参考にさせていただいたブログ等の記事へのリンクを置いておきます。A~Eは私が大いに共感している文章です。Fのツイッターまとめの議論やコメントからは、様々な人の考えが読み取れます。

A. 「バカが可視化される時代」とどう向き合うか(脱社畜ブログ)

B. バカな写真がよく炎上している理由(ぼくはまちちゃん!)

C. 小寺信良「ケータイの力学」:バイト炎上(1)(ITmedia)

D. 冷蔵庫に入るのは、どれほど重たい罪なのか(デマこいてんじゃねえ!)

E. 「厳しすぎる社会」は「だれも責任をとらない社会」(やしお)
不寛容な社会の問題点を指摘しています。

F. 佐々木俊尚さんのコンビニ冷蔵庫議論まとめ(Togetter)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

D Slender

Author:D Slender
2012年11月から、ここが私の通常ブログ。それ以前の記事および横断歩道関連の記事は横断歩道歩行者優先順守促進ブログをどうぞ。

最近の記事
月別アーカイブ
私のTwitter
リンク
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる