REXカード・漢方スタイルクラブカード還元率引き下げ

またクレジットカードネタです。今回は私にとってショッキングなニュース。

5/28のエントリでとりあげた高還元クレジットカードのうち、ジャックスが発行するREXカードと漢方スタイルクラブカードの還元率が今年12月請求分から引き下げられることが確定しました。このような改定をクレカファンは「改悪」と呼びます。

【関連page】【公式】REX CARD(カカクコムの公式page)
漢方の方は現時点でジャックスや薬日本堂からの公式発表はありませんが、多数ユーザからの葉書情報があるので、確定として良さそうです。
漢方スタイルクラブカードもREX CARDに続き改悪へ リーダーズカードとエクストリームカードの行方は?(ポイ探ニュース)

現在、REXも漢方も通常ポイント還元率が1.75%ですが、いずれも今年末から1.5%になります。1.75%を維持するのはジャックスの経営的に苦しいのでしょうか? もちろん1.5%でも平均的なクレジットカードよりはかなり高還元。この還元率を通常で超えるクレジットカードはジャックス系を除いてはリクルートプラスカード(還元率2%)しか存在しません。リクプラのポイントの使い道がリクルート、Ponta系サービスに限定されることを考えると、経営陣は1.5%でも客離れは多くないと踏んでいるのかも知れませんが、私は少なからぬホルダーが解約を考えるのではないかと踏んでいます(特に漢方)。その理由を以下に列挙します。
1.この「改悪」により、年間利用43万2000円以上のあらゆる場合においてリクルートプラスが最得なクレカになります。REXも漢方もユーザは還元率重視で選んでいるはず。だとすればポイントの使い道やJCB限定であることを気にしない人ならリクプラに躊躇無く乗り換えるでしょう。
2.REX、漢方共に年会費有料なこともポイントです(REXは年間50万以上で無料にはなりますが……)。というのは、完全無料カードで還元率1.5%を実現することは可能だからです。それはDCカードJizile。リボ専用カードですが、1ヶ月の利用額が50000円以下ならば、今のところリボ手数料を回避して通常の一括払いカード同様に使えて1.5%還元を実現できます。利用額が多いと使いにくいですが、クレカファンならば他のカードもサブ的に持つでしょうから、必要に応じて使い分ければ良いのです。また、クレジットカードではありませんが、auユーザならばau WALLETプリペイドカードに1%還元クレカ(楽天カード等)でチャージすれば(1+0.5)%還元を実現できます。ついでながらJizileのMasterブランドでau WALLETにチャージすれば(1.5+0.5)%還元も実現できます。これらは1枚のカードで全て済ませる方法ではありませんが、要するに1.5%還元はやろうと思えば完全無料で実現できるのです。その意味で、Rexと漢方の還元率引き下げがせめて1.55~1.6%に留まっていれば、客離れはかなり少なくなると思うのですが……
3.この項目は漢方のみの事情です。漢方は年会費有料カードですが、従来は年間100万円以上利用すれば年会費を超えるボーナスポイントがつきます。正にこれこそがREXカードとの違いであり、私を含む漢方ユーザがREXではなくこちらを選ぶ最大の理由。しかし、今回の「改悪」では年会費をペイできる利用額が結果的に約117万円に引き上げられ、おまけにボーナスポイント自体も年会費をわずかに上回る程度に減額されてしまいます。これでは、わざわざ支払いをこのカードに集中して目標利用額をクリアするモチベーションが低下するというもの。ここはひとつ経営陣に再考していただき、年会費ペイラインの引き下げ or ボーナスポイント減額取りやめ or 年会費自体の引き下げを検討 してもらえないでしょうか(と、ここで書いても仕方ありませんが)

そんなわけで、私自身が今年取得したばかりの漢方ですが、年会費初年度無料の間は使い倒した後に、ひょっとすると解約してしまうかも知れません。どうするか、もう少し考えます。

ところで、ジャックスの高還元カードと言えば、漢方・REX以外にReader's CardとExtreme Cardがあります。リーダーズの方はAmazon限定デポでの還元1.8%、現金キャッシュバックに相当するJデポで1.5%の還元率を誇りますが、ネット情報によると、これも12月請求分から引き下げられ、何とAmazon1.32%、Jデポ1.1%になるとか。公式情報はありませんが、葉書を受け取った複数のユーザの声がネット上にあるので間違いなさそうです。年会費完全無料のREX LiteがJデポ1.25%であることを考えると、これはひどい仕打ちと言わざるを得ません。ということは、もし今から1.5%還元のジャックスカードを持つなら、「改悪」情報が流れていないエクストリームがお勧めかも知れません。年会費無料ラインが年間30万円と低めであることは、REX等に比べての優位点です。とは言え、この調子ではExtremeにも「改悪」が来る可能性も否定できません。

高還元クレカファンにとっては、実に悩ましい夏となってしまいました。

セブンイレブンでのnanacoとau WALLETの還元比較等

7月11日にちなんでセブンイレブンに関する記事を書きます。ただし、前半は主にauユーザ向けの話になります。ご容赦ください。後半はより一般的な話になります。

1つ前のエントリで、私がセブンイレブンで支払いする際の手段について次のように書きました。

楽天カード(JCB)でチャージしたnanaco(還元率はチャージ1%+利用1%)が基本。ただし、au WALLETのポイントアップ店なので、支払額の端数やキャンペーンの有無次第では楽天カードまたはYJカード(MASTER)でチャージしたau WALLETプリペイド(還元率は1%+1%)の方が得。


セブンイレブンにおけるnanacoとau WALLETプリペイドの利用ポイント還元率は見かけ上同じです。ただ、「支払額の端数」によって微妙な違いが生じることがあります。通常、両者のポイントの付き方は正確には次の通りです。
◎nanaco → 1回の決済毎に、100円(税抜)につき1nanacoポイント
◎au WALLETプリペイド → 1回の決済毎に、200円(税込)につき2WALLETポイント 

(※ au WALLETの一般Mastercard加盟店における利用ポイントは200円(税込)につき1ポイントですが、セブンイレブンやイトーヨーカドー等はポイントアップ店なのでこうなります)
100円毎にポイントが付くnanacoの方が一見有利に見えるかも知れませんが、こちらは税抜。税込表示に揃えるならば108円につき1ポイントとなり、僅かながら還元率1%を下回ります。先の引用に書いた通り、どちらの決済手段が得かはまさに端数次第。

そこで、どのような条件でnanacoの方が有利(または不利)になるかを正確に把握したいと思い、付与ポイント数が切り替わる108(円)の倍数および200(円)の倍数をExcelの1つの列に並べ、それぞれのnanacoポイントとWALLETポイントを計算してみました。
セブンイレブンでのnanacoとauWプリペの利用ポイント
この画像では、nanacoの方が有利な価格帯を黄緑で、au WALLETプリペイドが有利な価格帯を水色に塗ってみました。意外(?)なことに、nanacoの方が得な価格帯はさほど多くありません。1200円以上でnanaco有利の価格帯は存在せず、更に(画像には載せていませんが)2600円以上になると一貫してau WALLETが有利になります。消費税8%の威力。まあ、コンビニであるセブンイレブンで1回の支払いが1000円を超えることは滅多にありませんが、もしイトーヨーカドーも利用するなら「高額になるほどau WALLETが得」は心に留める価値がある情報かも知れません。

以上をまとめると、nanacoの方がau WALLETより有利になるための条件は、税込支払額をx(円)とすると、次のいずれかとなります。
108≦x<200
324≦x<400
540≦x<600
756≦x<800
972≦x<1000
1188≦x<1200

とは言え、以上の考察ではキャンペーンの存在は無視しております。また、購入商品の中にnanacoボーナスポイント対象商品をを含む場合は、価格帯にかかわらずnanacoが有利になることが多いはず。また、1000円以下決済でau WALLETが有利になる場合でも1ポイントの差に過ぎません。よって、「セブンイレブンでの高額ではない通常の支払いはnanacoが基本」という判断でも問題はなさそうです。私の場合、ボーナスポイント対象商品を含むならばnanaco、そうでない場合はau WALLETと使い分けています。もちろん、いずれかが「ポイント2倍キャンペーン」の類を実施しているならば、そちらを優先します。

続きを読む

テーマ : マネー・貯金
ジャンル : ライフ

漢方スタイルクラブカード到着(あるいはリクプラにしなかった理由)

クレジットカードネタです。

今年の5月28日のエントリで取得を示唆していたジャックスのKAMPO STYLE CLUB CARD(以下「漢方」と略記)が届きました。国際ブランドはVISAを選択。5月30日に申し込み。6月11日に発行手続き完了。そして昨日6月17日にカード到着。ようやく年会費有料高還元(1.75%)カードの世界に足を踏み入れたことになります。

なお、かねてから検討していたリクルートプラス(2%還元)の取得は断念しました。漢方の方を選んだ理由は、まず第1にリクルート・Pontaポイントの使用可能範囲の狭さが気になること。他にも重要な理由が1つありますがそれは後述します。

漢方は年間100万円以上の利用で光り輝くカード。カード到着後は一部例外(具体的には後述します)を除くほとんどのカード決済をこれに集中する予定です。早速、私の固定費の中で大きな割合を占めるKDDI通信料と電気代の支払い手段を漢方に切り替えました。近いうちにガスと水道も切り替えたいのですが、お客様番号的なものが分からないのですぐには不可能。次の明細が届いた際に切り替えます。(お客様番号的なものはメモしておいた方がいいですね。)

ところで、5月28日のエントリの冒頭では、私が常用する現金以外の決済手段を還元率順にまとめました。漢方を入手したことによってこれがどのように変わるか、自分自身の覚書の意味も込めて書いておきます。今度はシチュエーション別にまとめます。さあ、ここから長々とした自己満足的分析が続きます。退出するなら今です!(笑)

 

続きを読む

テーマ : クレジットカード・ローンカード
ジャンル : 株式・投資・マネー

Orico Card THE POINT GOLD PREMIUM還元比較

またクレジットカードネタで更新します。

オリコカードの「THE POINT」(以下、ザポと略記します)といえば、年会費無料で、同社のカードの中では通常還元率が高く(1%)、しかもiD、Quicpayというポストペイ電子マネーを内蔵する利便性から、クレジットカードファンの間では一定の人気を集めています。私も昨年から今年にかけて何度かザポの取得を検討しましたが、その都度断念してきました。断念の理由は、電子マネーについてはビューカードチャージのSuica(1.5%還元)を常用していることと、年会費無料カードの中では還元率常時1.25%のREX LiteやYahooショッピングでの高還元率が売り物のYahoo! Japanカードの方に魅力を感じたことです。人によっては、ザポに旅行保険が付いていないことを不満に感じるかも知れません(楽天カードには海外旅行保険が一応付いていますし)。

以上のようなザポの物足りなさを埋めるべく、年会費有料カードが今年の6月1日から登場しました。「Orico Card THE POINT GOLD PREMIUM」です(以下、ザポゴールドと略記します)。まずは主観的に評価してみましょう。
1.Orico Card THE POINT GOLD PREMIUM(Master)
【年会費】1950円(税込)
【標準ポイント還元率】通常1.0%。ただし、iD/Quicpay利用時は0.5%加算。また、オリコモール利用で1.0%加算。
【海外旅行保険/国内旅行保険】自動付帯/利用付帯 ※なお、ショッピング保険も付帯
【ポイント汎用性】★★★★(5点満点の4点という意味。以下同様。)
貯まるのはオリコポイント。AmazonギフトやTポイントやau WALLETポイント等に換えられます。他のポイントサイトと比べると交換先の種類が少ないのが気になる人もいるかも知れません。
【店舗での使いやすさ】★★★★★
ICチップ内蔵で、使いにくさはありませんが、実店舗利用では1%還元なので、他の高還元カードを持っていれば実店舗では出番なし?
【電子マネーチャージ利便性】★★
Masterなのでau WALLETプリペイドへのチャージが可能。Edyチャージではポイントがつきません。
【感想】オリコモール経由のネットショッピングで確実に還元率合計が2%超になることと、ポストペイ電子マネーで1.5%還元になることが最大の特徴。後者について、特にiDでの1.5%還元は貴重ですが、ビューカードチャージSuica(1.5%還元)を利用していればありがたみが薄いかも知れません(Suicaが使えないマクドナルドでは有効?)。
 また、前者の特徴により、ネットショッピングと実店舗利用での還元率が大きくかけ離れているのが実に個性的。これによって、他の高還元率カードとの比較が面倒になっています。以下、あえて計算を試みてみます。

続きを読む

テーマ : クレジットカード・ローンカード
ジャンル : 株式・投資・マネー

高還元クレジットカードの還元額比較覚書

先日のエントリ「私のクレジットカード一覧」において、現時点で私が専ら年会費無料(または実質無料)のクレカを利用していることを書きました。今回はその続きのような記事になるでしょう。

最初に、現在私が常用している決済手段(現金以外)を通常還元率が大きい順にまとめておきます。クレジットカードのみならず、Felica電子マネーも含みます。殆ど使っていないクレカは含めません。

1位 nanaco(楽天JCBチャージ1%+利用1%)
2位 Suica(ビューカードチャージで1.5%還元)
3位 au WALLETプリペイド(楽天カード等でのチャージ1%+利用0.5%)
4位 REX CARD Lite(1.25%)
5位 楽天カード(JCB) (1%)
5位 Yahoo! Japanカード(MASTER) (1%)
7位 イオンカード(0.5%)
※2位と3位が一見同率なのに差をつけているのは、Suicaチャージは1ヶ月のチャージ額合計でポイント計算されるのに対し、au WALLETの利用ポイントは会計毎計算なので切捨てが生じる可能性が高いからです。

これを見ると、私の場合7&iグループではnanacoを使うのが通常は最も得であることがわかります。

さて、このランキングを眺めて1つ個人的な不満を覚えました。現状、プラスチックカードの中での最高還元率はau WALLETですが、これはプリペイドであり、月額決済や一部のネットやごく一部の実店舗で使えない(または利用を拒否される)ケースがあります。やはり最高還元率の決済手段は正規のクレジットカードが望ましいのではないか、という気がしてきました(この時点で筆者の考え方がおかしいと思った方はどうぞpageを閉じてください)。

そこで、これ以降では、通常のポイント還元率1.5%以上のクレジットカード(リボ専用は除く)を比較検討してみます。こうなると、もはや純粋な年会費無料カードは存在しません(利用額次第で無料のものはありますが)。また、前エントリ同様、マイレージサービスや旅行関連の優遇サービスなどは考慮に入れません(ちなみにこれらを重視した場合、カードの選択は全く異なってきます)。

以上の条件を満たすカードを発行する会社はリクルートとジャックスです。では還元率順に見てみましょう。主観的評価とコメントもまじえます。

1.リクルートカードプラス(JCB)
【年会費】2000円(税抜)
【標準ポイント還元率】2.0% (国内最高水準)
【海外旅行保険/国内旅行保険】自動付帯/自動付帯 ※なお、ショッピング保険も付帯
【ポイント汎用性】★★(5点満点の2点という意味。以下同様。)
ポイント利用先がリクルート系サービスとPonta店舗に限られるのがリクルートカードの最大のネック。ローソンのお試し引換券に使えば計算上は超高還元になるようですが、私が欲しい商品を扱っていなければ意味がありません。また、私はKFCも大戸屋もあまり利用しません。ならば、じゃらんでの旅行に使う? それともHMVやエルパカでDVDや本を買う?(私は滅多に買わない……) ただ、近いうちに東京電力の支払いがPontaでできるようになるかも、というニュースがありました。これが実現すれば使い道が一気に安定するのですが、詳細が発表されないうちは取得を躊躇してしまいます。
【店舗での使いやすさ】★★★★
基本的には問題ありませんが、JCBなので非対応の店がそこそこ存在します(スシローやかっぱ寿司など)。VISAかMasterのカードをサブに持つことは必須。
【電子マネーチャージ利便性】★★★
nanacoとモバイルSuicaチャージで満額2%のポイントがつきます。Suicaチャージは年会費のかからないビューカードで行う方が良いと思いますが、nanacoチャージに関しては合計で約3%の還元となり明らかに最得。

これ以下はジャックスのカードが続きます。本来は2番目にジャックスReader's Card(Amazon限定で1.8%還元、それ以外は1.5%還元)を置くべきかも知れませんが、私のAmazon利用頻度は高くないのでスルーします。ご了承ください(逆にAmazonヘビーユーザならば取得候補最有力カードの1つだと思います)。

2.漢方スタイルクラブカード(VISA or JCB)
【年会費】1500円(税抜) 
初年度無料ですが、2年目以降の軽減はなし。ただし、年間約58万円以上の利用で1250円分のボーナスポイントが付きます。また、年間100万円以上の利用では年会費を超える2500円分のボーナスが付きます。
※ところで、「約58万」としているのは、ボーナスがもらえる最低ポイントを利用額に換算すると571428.57…という半端な値になるので、千の位を切り上げているからです。
【標準ポイント還元率】1.75%
【海外旅行保険/国内旅行保険】自動付帯/利用付帯 
【ポイント汎用性】★★★★★
ポイントはジャックスのJデポ(カード利用金額から差し引いて請求する値引きシステム)に換えられるので、ほぼキャッシュバックに相当します。使い道に悩むことはありません。
【店舗での使いやすさ】★★★★
特に問題ないでしょう。強いて言えば、薬日本堂の提携カードなので、それ以外の漢方薬屋さんでは使いにくい?(そんな機会はなさそうですが)
【電子マネーチャージ利便性】★
従来、nanacoチャージで満額ポイントがついていましたが、この6月からチャージポイント付与率が0.25%に減ることになりました(こういう変更を「改悪」と呼ぶクレカファンは少なくないようです)。だから、このカードで電子マネーチャージは行いません。

3.Rex CARD(VISA)
【年会費】2500円(税抜)。ただし初年度無料で、年間50万円以上の利用で次年度も無料。
【標準ポイント還元率】1.75%
【海外旅行保険/国内旅行保険】自動付帯/利用付帯
【ポイント汎用性】★★★★★ ※漢方と同じです。
【店舗での使いやすさ】★★★★★
ネット、実店舗問わず特定の店との繋がりがないカカクコム提携カードであり、券面もスッキリしているので、どこでも躊躇なく出せます。
【電子マネーチャージ利便性】★
Edyやnanacoへのチャージは可能ですがポイントはつかないので、このカードはチャージ用途には用いません。

4.Extreme Card(VISA)
【年会費】3000円(税抜)。ただし初年度無料で、年間30万円以上の利用で次年度も無料。
【標準ポイント還元率】1.5%(Gポイントとの交換の場合) ※Jデポとの交換ならば1.25%
【海外旅行保険/国内旅行保険】自動付帯/利用付帯
【ポイント汎用性】★★★★★ 
高還元を実現するにはGポイントとの引き換えとなりますが、これはnanacoやsuicaポイントなど色々なものに換えられるサービスなので、汎用性は満点として良いでしょう。
【店舗での使いやすさ】★★★★★
問題なし。個人的に、デザインは綺麗だと思います。
【電子マネーチャージ利便性】★ ※Rexと同様。

では、以上の4つのカードの金銭的な意味での損得を計算し、比較してみましょう。

続きを読む

テーマ : クレジットカード・ローンカード
ジャンル : 株式・投資・マネー

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

D Slender

Author:D Slender
2012年11月から、ここが私の通常ブログ。それ以前の記事および横断歩道関連の記事は横断歩道歩行者優先順守促進ブログをどうぞ。

最近の記事
月別アーカイブ
私のTwitter
リンク
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる